鬼怒川の堤防決壊が発生した茨城県 太陽光発電所の設置ガイドライン策定

投稿日:2016.9.06

茨城県は、太陽光発電施設を設置しようとしている事業者が、市町村や地域の理解を得ながら施設の適正な設置と管理を行うためのガイドラインを策定した。事業者に対して、設置予定地の市町村へ事業概要書を提出し、事前協議を行うことなど求めている。10月1日に施行する。

ガイドラインの対象となるのは、出力50kW以上の事業用太陽光発電施設(建築物へ設置するものを除く)。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »