廃棄物処理プラントや港湾施設を省エネ化 新たにJCMクレジット2件採択

投稿日:2016.9.30

環境省は、JCMクレジットの獲得を目指し、インドネシアのバリ州およびタイのバンコク港・レムチャバン港等において、それぞれ東京都23区および横浜港が有するノウハウを活用した、低炭素化の実現の可能性を調査する事業を支援する。

29日、日本の都市が持つ技術・経験等を途上国の都市の低炭素化に向けたJCM案件形成に活用することを目的に実施した「低炭素社会実現のための都市間連携に基づくJCM案件形成可能性調査事業委託業務」の2次公募において、7件の応募があり2件を採択したと発表した。

今回、契約候補事業として採択された2件は以下のとおり。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »