アミタ、粉体廃棄物のリサイクル工場を増強 煤塵などをセメント材料に

投稿日:2016.10.19

産廃処理・リサイクル業者のアミタ(東京都千代田区)は、17日、今年7月に北九州市内の同社リサイクル工場に粉体サイロ設備を設置し、今まで資源化が困難だった微粉状廃棄物の受け入れが可能になったと発表した。同社はこの設備導入により、産業廃棄物を新たに年間4,500トン資源化する予定だ。設備導入の投資額は約950万円。

このリサイクル工場「北九州循環資源製造所」では、ばいじん・もえがらなどの微粉状の廃棄物を、セメント原燃料製品の水分調整材などにリサイクルしており、その取扱量は年間38,000トンにのぼる。今回導入された粉体サイロにより、さらに多種多量の粉体廃棄物を、安全に受け入れし、原燃料代替材料として活用できるようになる。また、含水量の高い汚泥などの、リサイクルが難しい廃棄物の受け入れも可能だ。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »