日本土着の微生物「根粒菌」にスゴイ効果 大豆畑から出る温室効果ガスを3割減

投稿日:2016.10.21

農業・食品産業技術総合研究機構と東北大学は20日、日本土着の微生物である根粒菌を用いて、ダイズ畑で発生する農耕地由来の温室効果ガスを削減できることを証明したと発表した。

具体的には、温暖化とオゾン層破壊の原因物質である一酸化二窒素(N2O)を、無害な大気成分である窒素ガス(N2)に還元する能力(N2O還元酵素)を持った土着ダイズ根粒菌の利用により、収穫期のダイズ畑からのN2O発生を30%削減できることを野外実験で証明した。

今回、人為的に開発した菌に代わり、日本の農耕地の土壌に生息している土着ダイズ根粒菌からN2O還元酵素を持つ株を全国から採集し、これらの混合株をダイズに接種することによりN2O発生量を削減する技術を開発した。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »