宮城県の下水処理場で発生した消化ガス、焼却の余りを発電に使い2億円の収入

投稿日:2016.10.24

宮城県は、19日、下水処理場で発生する余剰ガスで発電事業を行う「仙塩浄化センター消化ガス発電事業」の採択事業者である大原鉄工所(新潟県長岡市)と、基本協定を締結した。

現在、仙塩浄化センター(多賀城市)では、汚泥処理工程で発生する消化ガス(メタンと二酸化炭素)年間約245万Nm3のうち、約70%は焼却炉等の燃料として有効利用しているが、残り30%は焼却処分している。

 

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »