温室効果ガス排出量の算定方法のガイドライン IPCCが作成開始

投稿日:2016.10.25

地球温暖化に関する科学的知見を提供している、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、10月17日~20日、タイ・バンコクにおいて第44回総会を開催した。

今回の総会では、「1.5℃の地球温暖化」をテーマとする報告書(1.5℃特別報告書)および「温室効果ガスインベントリ(目録)に関する方法論報告書」(方法論報告書)のアウトライン(章立て等)等が決定された。方法論報告書は、各国の温室効果ガス排出量の算定方法に関するガイドラインとなるものである。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »