かつて太陽電池を製造していたホンダ、水素ステーションの実証実験に使うのは

投稿日:2016.11.11

ソーラーフロンティアは9日、ホンダが10月24日より開始した、太陽光エネルギー由来の水素を製造する、充填圧力70MPa(メガパスカル)の小型水素ステーション(東京都江東区)の実証実験に、合計20kWのCIS薄膜太陽電池を提供したと発表した。

CIS薄膜太陽電池によって発電された電力は、高圧水素ガスの製造・供給するためにホンダが独自に開発した高圧水電解システム「Power Creator」の動力源となる役割を担う。ソーラーフロンティアが燃料電池車に関する事業に製品を提供するのは今回が初めて。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »