サハラ砂漠に追尾・集光型太陽光発電 住友電工がモロッコに1MW設置

投稿日:2016.11.16

住友電工(大阪府大阪市)は11月11日、モロッコでの「1MW集光型太陽光発電(CPV)プロジェクト」の設備が完成したと発表した。

高日射地域の総発電量などを計測し、安定した発電を目指す
この事業は2016年5月に、モロッコ王国太陽エネルギー庁(Moroccan Agency for Sustainable Energy 以下、MASEN)と実証契約を締結したもの。1MWのCPVを用いて、モロッコ王国のワルザザートにある「MASEN 太陽エネルギー発電プロジェクトサイト」内の研究施設敷地で行われる。2016年11月より稼働し、2021年5月まで実証する予定だ。

高温度環境に対応した薄型モジュール
今回使用された太陽光発電システムには集光型太陽光発電(CPV)が用いられている。CPVは、変換効率が極めて高い発電素子にレンズで直達日射光を集め、発電するシステム。変換効率は一般的な結晶シリコン太陽電池に比べて約2倍あるという。

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »