温泉の排水に含まれる「ほう素」 今年も環境省が除去技術を公募

投稿日:2016.11.24

環境省は、温泉排水を対象とした排水処理技術の開発・普及のため、岩手県八幡平市で、温泉排水に含まれているほう素を経済的・効果的に除去する技術の実証事業を2016年12月27日まで公募する。

今回は実用化の段階にある温泉排水処理技術を公募する。採択された技術は、実証試験の実施のための詳細な調査計画を策定し、検討会での審査を経て、実証試験を実施する。実証試験結果をもとに、検討会にて技術の有効性や経済性を評価する。

初期費用1000万円、ランニングコスト年間300万円

民間企業・独立行政法人・公益法人・研究機関などが応募できる。また、実証試験に耐えうる実用化された排水処理施設を持っている、調査実施に必要な技術者がいるなどの条件も満たす必要がある。なお、排水処理施設開発機関と調査実施機関が異なってもよい。また、審査にあたっては、実施体制などの、除去技術以外の事項も評価の対象となる。

 

 

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »