【BLOG】業界情報

投稿日:2016.12.14

Looopはこれから新設する産業用太陽光発電所で「30年間」にわたる買取保証サービス「Looop FIT(ループ・フィット)」を先月始動しました。

買取り価格は2段構成で、最初の20年間は国の固定価格買取制度と同じ単価で買取り、その後の10年間は7円/kWh以上で買取るというもの。

Looop FITの買取条件はいくつかありそうですが、投資回収期間が延びて利回りが向上するメリットと将来懸念されているモジュールの廃棄問題にも貢献するか注目が集まる。

買取り期間の終了する20年後に大量のモジュールの廃棄や、太陽光発電所の放棄が起こるのではないかとの心配を解決できる可能性も出てくる。

20年後以降の活用方法も視野に入れ、再生可能エネルギーの導入へつなげていきましょう。

 

参考:環境ビジネスオンライン

 

担当:藤本