東北電力の「水素を活用した再エネ出力変動対策研究」、東芝のシステムを採用

投稿日:2016.12.20

東芝は19日、東北電力が実施する再生可能エネルギーによる出力変動を水素で調整する研究において、太陽光発電設備や水素製造装置等で構成されるシステムを受注したと発表した。本システムは東北電力の研究開発センター(宮城県仙台市)に設置される。2017年3月に納入する予定。

同社が今回受注したのは、自立型水素エネルギー供給システム「H2One(TM)」。太陽光発電設備、水素を製造する水電解装置のほか、水素貯蔵タンク、純水素燃料電池蓄電池、エネルギーマネジメントシステム(EMS)などから構成される。太陽光により発電した電力の変動分や余剰電力を水電解装置で水素に変換し、水素を低圧で大量に吸収・放出できる水素吸蔵合金を収納したタンクに貯蔵するシステムだ。これら再生エネルギーによる出力変動需給バランスは、同社独自のEMSにより監視制御することが可能で、安定的に電力を供給する。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »