電源開発など、福岡県で「下水汚泥→固形燃料化→石炭火力発電で混焼」

投稿日:2016.12.22

電源開発(Jパワー)は12月20日、月島機械(東京都中央区)、三笠特殊工業(福岡県福岡市)と共同事業体を設立し、「御笠川那珂川流域下水道御笠川浄化センター下水汚泥固形燃料化事業」の事業契約を福岡県と締結した。

「御笠川那珂川流域下水道御笠川浄化センター下水汚泥固形燃料化事業」は、下水汚泥の低温炭化燃料製造技術を用いた下水汚泥燃料化リサイクル事業。

施設の設計・施工・維持管理・運営・燃料化物販売・石炭火力での混焼利用までを一括して民間事業者に委託するDBO(Design:設計、Build:施工、Operate:運営)方式を採用し、一貫体制で実施する。長期安定的な事業運営を展開し、下水汚泥の資源化を促進するとともに、温室効果ガスの削減による地球温暖化防止に貢献することを目的としている。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »