2014年度の産業廃棄物、排出量は約2.1%アップ 最終処分量は約11%ダウン

投稿日:2016.12.27

環境省は22日、2014年度における全国の産業廃棄物の総排出量は、前年度に比べ約2.1%(約800万トン)増の約3億9,284万トンだったと発表した。一方、産業廃棄物の処理状況についてみると、前年度に比べ最終処分量が約11%減少した。

産業廃棄物の処理状況では、総排出量のうち、中間処理されたものは約3億1,097万トン(全体の79%)、直接再生利用されたものは約7,652万トン(同19%)、直接最終処分されたものは、約535万トン(同1%)だった。また、中間処理された産業廃棄物(約3億1,097万トン)は、約1億7,276万トンまで減量化され、再生利用(約1億3,316百トン)または最終処分(約505万トン)された。

合計では、再生利用量は前年度比約427万トン(約2%)増の約2億968万トン(全体の53.4%)、最終処分量は前年度比約132万トン(約11%)減の約1,040万トン(同2.6%)だった。

 

 

[[続きはWEBサイトでご覧下さい]]

配信元のサイトで続きを読む »